昨年度実績報告および今年度目標に関して

輸送の安全に係る情報の公表(旅客自動車運送事業運輸規則第47条の7)

■平成30年度事故件数目標
 車内車外人身事故・・・・・・・ゼロ件
 物損加害事故・・・・・・・・・前年度比     50%削減
 物損被害事故・・・・・・・・・前年度比     50%削減

事故に関する統計

 

 

車外人身 車内人身 合計
死傷 重症 軽症 重症 軽症
平成29年 0 0 1(1) 0 6(1) 7(2)
平成28年 0 0 0 0 0 0
平成27年 0 0 3(3) 0 1 4(3)
平成26年 0 0 0 0 0 0
平成25年 1(1) 1(1) 2(2)

※カッコ内は道路交通法第72条により、警察署に届け出した件数

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

     平成27年度  平成28年度  平成29年度
       0件      0件      0件

イーグルバスの事故防止のための取組

弊社では下記の取組を新たに実施いたします。

  • 貸切車両には国交省認定のデジタルタコグラフの導入により、運転操作の適切な把握による安全運転教育を実施
  • 安全運転者には安全インセンティブの支給を実施
  • 営業本部による街頭立会いやドライブレコーダーにより、普段の運転状況のモニタリングを実施

また、弊社では引き続き下記の取組を実施いたします。

  • 指差喚呼により、事故防止に努める
  • 高速車両には衝突被害軽減ブレーキおよび遮炎逸脱警報システムを装備したバスを導入し、 高速道路上での事故防止に努める
  • 安全統括管理者が主催する事故クレーム防止対策会議を、代表取締役社長も参加して月例で実施し、原因分析および再発防止策を全体で議論し事故防止に努める
  • 運転士全員に対する、健康診断の実施による運転士の健康管理を支える仕組みの構築を実施
  • 代表取締役社長の安全に対する想いを、社内報等に於いて毎月掲載し事故防止の意識を高める
  • ISO9001品質マネジメントシステムによるPDCAサイクルでの事故防止を実施
  • 2017年度、貸切観光部門では安全性評価3つ星の認定を受けることができたため、引き続き良質なサービスの維持に努める